ニキビとホルモンバランスの関係

体の中のホルモンバランスが崩れてしまうと、ニキビが出てくるといった話は聞いた事があるのではないでしょうか。
男性ホルモンは皮脂の分泌を促すという働きをしていますし、反対にエストロゲンには皮脂を抑えるといった働きがあります。
このように、ホルモンのバランスが何らかの原因で崩れてしまうと、皮脂の分泌にも影響してしまいます。
バランス良く保てていると皮脂バランスも良好になり、肌荒れなどは起こさなくなるのです。
しかし、エストロゲンの働きさえ良ければ良い、といったものでもありません。
女性ホルモンで作られるエストロゲンが過剰に働いてしまうと、婦人病にかかりやすくなってしまう場合があります。
乳がんや子宮関係の病気になってしまう可能性は高くなってしまいますので、ホルモンバランスはニキビだけではなく、このような病気にも大変重要な事なのです。
ホルモンバランスが崩れ始めれば、最初に肌荒れが目につくようになります。
大抵は寝不足やストレスなどをニキビと関連付けますが、実はホルモンのバランスも大いに関係しているものなのです。
ホルモンバランスを正常に保つ事で、ニキビはおろか肌荒れに悩む必要もなくなります。
食生活の乱れによっても、ホルモンはバランスを崩してしまう事があります。
女性の場合は、生理時には一時的にバランスが崩れる場合もあるのです。
また、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスがあまりにも悪いと診断された場合には、治療をしっかりと受ける事で必ず改善されますので医師に相談してみましょう。