ニキビの種類も様々

ニキビと一言でいっても、種類も様々あります。
例えば、思春期ニキビというものは体の成長期に多くできてしまうニキビの事です。
まだ成長段階の体である事と、その毛穴も未熟なので皮脂がそこに溜まってしまい、上手く皮脂を出し切れずにニキビができてしまいます。
思春期ニキビは、皮脂の量をコントロールしていく事で、唯一防ぐ事ができるニキビになっています。
また、大人ニキビは男性ホルモンが多くなる事によって、毛穴に皮脂が溜まります。
それが乾燥する事によって、ターンオーバーが上手くいかなくなってしまい、ニキビができてしまうのです。
年齢を重ねるにつれて、油分や水分はどんどん失われていきますので、この場合は保湿を十分しておく事が必要となってきます。
保湿をするには、肌の外からの保湿と体の中からの保湿の二種類があります。
保湿成分の高いクリームなどを寝る前に塗ったり、こまめに水分補給をしていくなど、肌の保湿に良いとされている事はしてみましょう。
大人ニキビは思春期ニキビと違い、放っておいても自然に治るような事はありません。
一旦治ったように見えても、また時間が経てば他の部分に出てきてしまいますので、基本的には病院に行き、医師の治療を受けるようにしましょう。
肌ケアに関しての商品も教えてもらえますし、処方される薬にも必ず保湿剤は入っています。
大人ニキビも思春期ニキビも、原因は皮脂です。
生活を正して、食生活も正していくようにしましょう。