何故ニキビができるのか?

どうしてニキビができてしまうのでしょうか。
それは毛穴が詰まってしまうからです。
思春期に多くの人が経験するニキビも、大人になってからできるニキビも同じで、毛穴の詰まりが第一の原因でできてしまうものです。
皮脂の分泌が活発な部分、例えば顔や背中そして胸元などは、分泌が他の部分よりも活発になっています。
成長期や思春期には、この皮脂の分泌は活発になります。
成長ホルモンの影響が強いので、ニキビ肌になってしまうのです。
また、ストレスもニキビの原因になってしまう場合があります。
これらが原因で、毛穴の詰まりが起こってしまうのです。
ホルモンの影響や新陳代謝の低下、このような現象で肌の表面がとても固くなってしまいます。
表面が固くなってしまうことで、ターンオーバーが正常に機能していかなくなってしまうと、毛穴詰まりが起こります。
毛穴の入り口が詰まってしまうという事は、角質が固くなっているという事になります。
正常な場合は、産毛をよけて表面に皮脂が出てくるのですが、角質が固くなってしまう事で表面に出られなくなってしまった皮脂が、毛穴の中で固まってしまい留まります。
これは、少し押すと中から黄色や白い塊が出てくる他、少し粘り気のあるものが出てきます。
素直に出てくれれば良いのですが、大抵は根っこの部分が残ってしまい、さらにその上に皮脂が溜まっていく状態になってしまう結果、ニキビができてしまうのです。
洗顔はもちろん大事ですが、寝不足や不規則な生活はできるだけ控えるようにしましょう。